So-net無料ブログ作成
検索選択

恩師の死

今日届いた寒中見舞いのはがきで、朗読の世界へ導いて下さった恩師の死去を初めて知った。
昨年のある時期から電話が通じなくなり、心の中に不安はあった。
最後にお話した時は、「脳硬塞で倒れて、今リハビリ中なんだよ。6月の公演のチラシまで作ってあったのに、、、」と舞台にかける熱意が伝わって、きっと復帰されると信じていた。
詩を演じる第一人者であり、私の心の師でした。宮澤賢治、草野心平の世界を語られる姿を思い浮かべながら、今ブログを書いている。心にぽっかりと穴があいた、、、。でも、私の受け継いだ詩を語る姿勢は生かし続けます。ずーっと見守ってください!!
御冥福をこころよりお祈りします。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 2

竹浪 明

お世話になった恩師の逝去、僕も経験があります。
それから10年以上経ちますが、恩師にいただいた言葉は
今でも原点に立ち返らせてくれます。

ゆいさんのすばらしいご活動を、亡くなられた先生も喜ばれ
見守り続けてくださることでしょう。
by 竹浪 明 (2007-01-11 14:09) 

ゆい

> 竹浪 明さん
コメントありがとうございます。
いつかはこういう日が来てしまうのですね、、、。

恩師が喜んで下さる舞台を努めて参りたいと思っています。
by ゆい (2007-01-12 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。