So-net無料ブログ作成

「みすず田」の田植え [自然]

 先週の土〜日(5/30〜5/31)、二年振りの田麦山(新潟県北魚沼郡川口町)に行って来た。

 10年前から田麦山で休耕田を借りて無農薬でお米作りをしている「東京百姓の会(会員20名位)」の代表から、「これからは、農業だ。生きる基本だ。みすず田んぼを作るから、是非、是非、来て田んぼに入って欲しい!!」と、熱いメッセージをもらい続けていた。

 震災以前に田麦山の子ども達と木漏れ日の中で、蛙の声と共に、金子みすゞの詩を語った。あれから5年経とうとしている。赤紙の張られていた家屋も、修復が終わり、嘗ての生活が当たり前のように営まれている。

 雨の東京と違い、26度の暑い日射しを背に受けて、地元の無農薬農業の師匠に教えてもらいながら、黙々と作業し終えた。「苗一本でご飯茶碗一杯とれるんだよ。」山からの風が天然クーラー、山からの水が最高に美味しい。

 『米はいのち』と、みすず田の田植えを終えた後の懇親会での師匠Sさんの言葉。
 『みんなちがってちょうどいい』は、いつも食材の全てを活かして,おいしい!!料理を作ってくれる、大学数学講師のIさんの言葉。

 大きな自然に身を委ねてみる。自分なりのリズムが生まれてくる。ゆっくりでいいのだ。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。